女の人

いぼの原因から治療法まで|種類を知って適切な治療を

このエントリーをはてなブックマークに追加

老人性いぼ

女医

年齢を重ねるごとに、いぼができるようになったということもあるかと思います。これは脂漏性角化症というもので、老人性いぼとも呼ばれています。年配の方に多くみられるものですが、若い人でもできることがあります。顔や首だけではなく、身体にできることもあります。サイズが小さくても、時間が経つと大きくなったり、数が増えたりすることもあります。ホクロと似ているものもあるので、医師に診断してもらいましょう。老人性いぼは判断が難しく、シミやホクロと間違えて放っておいてしまうという可能性もあるので、早めに受診することが必要です。老人性いぼができる原因は、紫外線が主な原因だと言われています。仕事上長時間外にいるという方などは要注意です。ほかにも、摩擦によりできることがありますので、入浴時に強く身体を洗うという人も注意が必要です。

老人性いぼの場合も、レーザーを使用した機器で施術する方法と、医療用のハサミで切除するという方法などがあります。老人性いぼも放っておくとシミができることもありますので、レーザー治療ですと同時に治療することが可能です。切除する方法は短時間で施術が完了しますが、レーザー治療と違って痛みを感じることがあります。ほかの治療法を扱っている美容外科や皮膚科もありますので、まずは問い合わせてみましょう。老人性いぼができないようにするためにも、長時間紫外線を浴びないようにすることが大切です。日焼け止めクリームや日傘、UVパーカーを着用するなどし、紫外線対策を徹底しましょう。また、保湿が重要になってくるので、長時間外にいたという日は特に念入りに保湿するようにしましょう。日頃から意識することで、老人性いぼができないように予防することができます。

ウイルス性のいぼもそうですが、食生活に気を付けたり、生活リズムを整えることが予防できる第一歩となります。弱っているとウイルスが侵入してきますし、老人性いぼも少しの刺激でできやすくなってしまいます。体質改善をすることで、いぼができにくい身体づくりをすることができます。もしそれでもできてしまった場合は、医師と治療法を相談し、判断してもらったうえですぐに治療してもらいましょう。