女の人

いぼの原因から治療法まで|種類を知って適切な治療を

このエントリーをはてなブックマークに追加

内服薬で治療

顔を触る女性

いぼは外から治療する方法のほかに、内服薬で治療する方法もあります。ヨクイニンというとわかりにくいかと思いますが、ハトムギのことです。ハトムギの種の殻を砕いて中身を乾燥させた漢方薬をヨクイニンといいます。いぼだけではなくニキビなどの肌荒れにも効果がある漢方薬です。免疫力を高めることで、いぼを治療していきます。栄養成分が豊富で、たんぱく質やビタミンなども多く含まれています。いぼを治療する目的の漢方薬ではないため、いぼが完治するまでは時間がかかってしまいます。免疫力を高める効果があるので、それによって少しずつ治療していくという形になります。内服薬のため痛みがないというメリットがありますが、いぼの状態を医師に診断してもらい、内服薬での治療が可能かということを確認しましょう。子どもに多い水いぼの治療にも使用されることがあるので、服用しやすいように粉薬で処方する皮膚科・美容外科もあります。まずは医師に相談してみましょう。

内服薬以外にも、軟膏などの外用薬で治療する場合があります。ビタミンD3は、いぼにも効果があると言われています。ビタミンD3が配合されている軟膏を塗り、密封することで角質が削れていきます。それを繰り返すことでいぼを取り除くという治療法です。ほかにも、ヘルペスの治療にも使われる外用薬を使用し、治療する方法もあります。こちらはウイルスの増殖を抑える効果があり、外用薬を塗って密封して治療していきます。外用薬にもいくつか種類があり、いぼの状態を確認しながら医師が処方します。これらの治療法を試しても効果がないと感じたときには、また別の方法を試していきます。

いぼを治療するには、レーザーや切除して治療する方法が多く知られていますが、やはり痛みが心配という方も多いです。特に子どもの場合は恐怖心が湧くこともあります。いぼの状態によっては内服薬や外用薬で治療することも可能なので、まずは医師に相談してみましょう。時間はかかっても、痛みを感じずに治療することができます。ヨクイニンの内服薬の場合、免疫力を高める効果もあるといわれているので、安心して服用することができます。子どもが服用する場合でも、漢方薬のため安心できます。